So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

トランス脂肪酸を含む食品の危険性 [健康]

スポンサードリンク




DSC_0544.jpgトランス脂肪酸を摂取と、認知症発症との関係は?

このお菓子は、韓国製です。

「トランス脂肪酸0g」と書いてあります。

日本のお菓子に、こんな表記はありますか?

トランス脂肪酸が人体に悪影響があることが判明したのは、いつなのだろう?

2015年9月11日付「全米が禁止したトランス脂肪酸、なぜ日本は規制すらしないのか?」

によると

「10年前に、ニューヨークで、トランス脂肪酸の販売禁止というニュースを聞いた」という記述が

あった。そして、「3年後(2018年)全米で全廃することになった。」とある。

トランス脂肪酸は、マーガリン、ショートニングなど日本のパンやお菓子などには、必ずと言っていいほど

含まれている。 

トランス脂肪酸は、トランス型不飽和脂肪酸とも言われ、人工的に、水素を付加して硬化させた製品を

製造する過程で発生します。

トランス脂肪酸は、一定量摂取すると、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増加し、

心疾患のリスクを高める。それを受けて、2003年以降はトランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が

増えています。

 

日本では、アメリカ 人のトランス脂肪酸の摂取量5.6グラムに対して、日本人1人あたりの摂取量は0.7グラム

総エネルギーの0.3%とWHOのガイドラインを大きく下回っていました。

これを受けて「日本の通常の食生活では健康への影響は小さい」と判断された経緯があります。

農林水産省のホームページに、同様な主旨の記述がありました。 

 

しかし、人体に良くないことは、あきらかなのですから、なんらかの対策は必要と考えます。 




スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。